仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

肩関節勉強会

2017年6月28日 (水) 00:19

肩関節に特化したアライメント評価の仕方や肩・上半身の調整の確認を行いました。


参加された各院の院長先生方も普段の診療に取り入れられていますが、今回のセミナーでより一層再確認でき、更に精度の高い治療をおこなってまいります。


 肩関節勉強会

S__32153669

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 研修会

「砂糖の害を知らない」あなたへ

2017年6月24日 (土) 09:38

 いつまでも健康な身体を維持して長生きをしたい。家族の健康をいつまでも願いたい。


そんな想いは良識をお持ちのあなたでしたら当然のことと思います。


砂糖は加工食品の中には多く含まれ避けることのできない現実が直面します。


もちろん、弊院の門馬も皆さまと同じ環境のなかで生活していますので同様です。


今回は多量の砂糖の摂取についてシェアさせていただきます。


砂糖多量の摂取

・免疫低下

・血管や骨が脆くなる

・神経が鈍る

・血液は酸化させる

・多量のビタミンを奪い

・肌荒れ

・アトピーの原因

・視力低下も引き起こす

・中性脂肪へ変わり肥満へと繋がる

・シミやシワの原因

・精神を不安定にさせる


など様々な弊害があります。


砂糖は一概に悪いというのは言い過ぎなこともあります。


たまにはいいかもしれません。しかし、過剰で無計画な摂取によって引き起こされる害に自ら進んでいく必要はないように思います。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 健康

お子様に砂糖菓子・飲料を与えているお母さまへ

2017年6月20日 (火) 08:43

お子様の諸症状が気になるお母さまへ。


幼い頃から砂糖を使った甘いお菓子を食べていると、いつまでたっても砂糖を欲しがるようになってしまいます。


その砂糖を我慢することで禁断症状が起きることでカッとなり、切れやすい状況になりやすく手に負えない状況になります。


砂糖は常習性があります。


大騒ぎをしている最中に甘い砂糖で作られたお菓子を与えると、騒ぎが収まりますね。


砂糖、特に白砂糖は血糖値を急上昇させ多幸感をもたらします。


多幸感を生み出すことはドーパミン放出であり、多量の砂糖は多量のドーパミン放出に繋がる原因となります。


ドーパミンはアミノ酸のチロシンから作られるアミンの一種で、人間の脳機能を活発化させ、快感を作り出し、意欲的な活動を作り出す神経伝達物質です。ドーパミンが放出されると、脳内に心地良い感情が生ずると考えられています。


このシステムは、正常な快感とともに、麻薬や覚せい剤のような薬物による快感や、そのような薬物への依存の形成にも関わることが知られています。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

脊柱管狭窄症でお悩みの63歳の方へ

2017年6月15日 (木) 23:22

脊柱管が狭くなることで、脊髄やその他の神経が押されて、腰や脚にしびれや痛みの現れる病気です。


また、神経や血管を圧迫することになり、ひどい時は運動障害を起こしたり、排尿障害や排便障害を伴うことになります。


主な症状は、立っている状態で痛みが強くなり、長時間歩いていると、腰から足の裏にかけて、歩けなくなるほどの痛みを感じたり、しびれたりします。


歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くり、間欠性跛行(かんけつせいはこう)が、休むと回復するのが特徴です。


また、レントゲン・CT・MRIなどの画像診断で症状が出ていなくても「腰部脊柱管狭窄症」と診断されることもあり、別の理由で腰のレントゲンを撮った際に、偶然発見されるという例も多くあります。


当院では整形外科とは違うアプローチで多くの患者様の苦痛を和らげております。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 腰痛

横綱稀勢の里 刻名式

2017年6月11日 (日) 01:06

弊院前、富岡八幡宮にて横綱稀勢の里 刻名式ありました。

kokumei

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 門前仲町

老眼の進行を抑える食べ物を知っていますか?

2017年6月9日 (金) 07:41

スマートフォンの多様でも若くして老眼の症状が出ると言います。

老眼や白内障の症状を抑える食べ物は「ほうれん草」、その成分「ルテイン」という成分が良いようです。


1日に必要な量は2株と少ないです。油炒めと相性が良いようです。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 健康

国民病と言われる腰痛

2017年6月6日 (火) 10:12

 国民の4人に1人が腰痛、腰痛は日本人の症状の訴えの中で第1位といわれています。


腰椎・腰仙椎が原因である腰痛は、レントゲンやMRIには異常はなく、


・足のしびれや放散痛などのひどい神経症状はなし

・腰を反らすと痛みが強くなる

・午前中(もしくは休息後)症状がよくなり、午後に痛みが強くなる

・通常は一瞬鋭い痛み

・腰椎の下に痛み

というのが特徴です。


「何年も前から病院や整体、マッサージに行ってはみたけど腰痛が解決できない」
と言って当院に来院される方々は、その原因を明確にすることができていなかったのではないでしょうか?


当院では、股関節(こかんせつ)の柔軟性も低下していることが多いため、股関節の動きを改善させる治療もしていきます。
参考にして頂ければと思います。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 腰痛

不眠症に有効な飲み物とは?

2017年6月3日 (土) 20:40

不眠になることで、高血圧・肥満・うつ病になるリスクが増えるといわれています。


睡眠の質を上げて、不眠症を防ぐ効果的な飲み物は「水出し緑茶」の中に含まれている「テアニン」が睡眠の質を上げることができています。


熱湯で淹れると、カフェインが抽出されるので、0.5度の冷水で抽出するのが良いようです。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 自律神経

予約はこちらから

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時40分(施術受付7:30迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  • web予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • 不妊治療サイト

  • みんなの手

  • プレミアム特集

web予約

初めての方へ

治療院案内

不妊治療サイト

プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop