仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

4~5か月ごろの新生児

2018年1月1日 (月) 17:42

ほとんどの赤ちゃんの首がすわり、抱っこをしやすくなります。


こころの発達にも目覚ましいものがあり、あやすと 微笑んだり声を出して喜んだりと表情も豊かになってきます。


体形も赤ちゃんらしくふっくらしてきますが、急激に体重が増えるのは生後3か月までで、その後は緩やかな増加になります。


よだれも目立ってきますが、これは唾液腺が発達したためなので心配はありません。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

栄養バランスのよい食事が大事です

2017年12月29日 (金) 17:30

赤ちゃんに質の良い母乳をたっぷりと飲ませてあげるために、また母体自身が産後の疲れを十分に摂って、毎日元気に過ひ、栄養バランスのよい食事を摂るように心がけてください。


母乳栄養の場合は、母乳を作ったり、与えるためのエネルギ―として非妊娠時より1日350kcalを多く摂りましょう。


~食事のポイントとして~


食事は3食、いろいろな食品をまんべんなく。

良質のたんぱく質を積極的に摂る。

脂肪は動物性より植物や魚の脂肪がおすすめです。

鉄分もしっかり摂りましょう。

水分も十分に。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

母乳育児のために

2017年12月26日 (火) 14:53

母乳が本格的に出るようになるまでは、人によって2週間から1カ月ほどかかることもあります。


十分に吸わせることができるように諦めず、根気よく続けていきましょう。


1日3食バランスの取れた食事を心がけましょう。


赤ちゃんとゆったり接し、安心して 母乳育児を続けるには、お母さんの心身の健康が大切です。


周囲の助けを得ながら、家族にも理解と協力を求めましょう。


授乳や育児で困ったときに気軽に相談できる場を見つけましょう。


かかりつけ小児科医を持つほか、地域の保健所・保険センター、病院の「母乳外来」など様々な相談先があります。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

3~4か月ごろの新生児

2017年12月23日 (土) 21:45

生後3か月頃には体重は生まれたときの2倍になるのが一般的です。


小さめでも母子手帳の「身体発達曲線」に沿っているなら心配はありません。


両手を目の前で組み合わせたり、その手をしゃぶり始めることもあります。この動作は大脳が発達してきたためです。


3カ月を過ぎるころには授乳と睡眠のリズムが少しづつ整ってくる時期になります。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

1歳児の栄養

2017年12月20日 (水) 21:20

1歳児の体重は出生時の3倍、身長は約1.5倍 になります。


運動機能や心や言葉も少しづつ育ちますが、大脳の発達に関係しています。


脳の重さは1歳で大人の70%、4歳で95%に成長します。


こうした体や脳の著しい成長を支えるのが、たんぱく質を中心とした良質の栄養です。


新生児の食事は母乳・ミルクなどの液体から離乳食・幼児食へと進みます。その時期に適切な栄養が十分摂れるように配慮することが大切です。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

赤ちゃんの運動機能

2017年12月17日 (日) 21:09

新生児の運動機能は脳に近い部分から発達し、徐々に下のほうへ降りていきます。


首がすわり、次に物をつかむ、手指をしゃぶるといった手の発達、やがて腰や背中に力もつき、おすわり、はいはい、つかまり立ち、ひとり歩きを行うようになり、言葉も徐々に発達していきます。


発達には個人差があります。保護者に必要なのは子供の日々の発達のペースを焦らず、ゆったりたした気持ちで見守ることが大切です。


「まだ、〇〇ができない」と不安がるのではなく、「〇〇ができた」と一緒に喜び合うことが成長の助けになります。


仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

2~3か月ごろの新生児

2017年12月14日 (木) 09:30

手足の動きもますます活発になり、抱いた時の感じも以前よりしっかりしていきます。


あやすと微笑み返したり、機嫌のいい時は「あ~」、「う~」などの声も出すようになります。


「そ-お」、「なあに?」などと応えてあげることが赤ちゃんの心の発達の糧になります。


うんちの回数が少なくなりますが、これは赤ちゃんの消化機能が発達してきているためです。


3日に1回でもスムースに出ていて機嫌がいいのなら心配はありません。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

赤ちゃんの成長

2017年12月11日 (月) 09:20

赤ちゃんは、両親の力強い愛を受けて、少しずつ大きくなっていきます。


成長していく過程でいろいろなことを吸収しながら理解し できることが増えていっていきます。


飲む、眠る、うんちを出すなどの生活のすべてを両親のお世話に頼っていた赤ちゃん期から離乳食を美味しそうに食べたり、よちよち歩いたり、意思表示ができるようになったり等といった誕生から1歳、そして幼児期の成長はめざましいものがあります。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

乳児のゲップを出させるコツ

2017年12月8日 (金) 21:14

母親の肩にもたせかけるように赤ちゃんを抱きます。


背中を下から上へ軽くさすります。


ゲップが出たら5~10分くらいそのまま抱き、静かに寝かせます。


15分くらいしてもゲップが出ないときは、顔を横向きに寝かせます。

(ゲップと一緒に母乳・ミルクを戻すことがあるので、それを気道に入るのを防ぐためです)



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

1~2か月ごろの新生児

2017年12月5日 (火) 20:58

多くの新生児は、まだ昼夜の区別ができません。


「お腹が空いた」「おむつが濡れた」のほか、眠い時なども ぐずぐず泣きますが、気負わず接してあげましょう。


体重は生まれた時よりも1kgくらい増えていることでしょう。


運動機能も徐々に発達してきて、活発な動作を見せるようになります。


なかには布団を蹴飛ばすほど元気に動く子もいます。


抱いた時も以前より少ししっかりした感じになるでしょう。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

授乳について「初乳」「移行乳」「成乳」

2017年12月2日 (土) 20:47

「初乳」に対して産後1~2週間の母乳は「移行乳」、そのあとに出てくるのは「成乳(成熟乳)」です。


授乳はできるだけリラックスに努めて、はじめは緊張しますが、だんだんとコツを掴んでいけば上手に飲ませられるようになってきます。


最初は授乳間隔にとらわれず、赤ちゃんの泣き方や様子をみて、欲しがるときに与えます。

次第に、授乳時間も規則的になっていくものですから、心配は無用です。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

産後の母乳の分泌

2017年11月29日 (水) 20:35

分娩後は1~2日で 母乳が出るようになりますが、この時期はまだ分泌量は少なく、少しづつ増えていきます。


分娩後2~5日ごろまでに出る濃い黄色い母乳は「初乳」といい、病気に対する免疫物質がとくに多く含まれていますので、必ず飲ませてあげてください。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

母乳は一番の栄養です

2017年11月26日 (日) 20:17

母乳は赤ちゃんにとって自然かつ栄養学的に最良の栄養であり、新生児から病気を守ってくれる免疫があります。


なぜなら、免疫をまだ自分の身体で十分に作れないので、母乳を通して免疫をもらう必要があります。


親に抱っこされ直接肌を接して飲む母乳はスキンシップから見ても理想的です。


また、母乳の分泌は子宮の収縮を促し、母体の回復も助けてくれます。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

0~1か月ごろの新生児

2017年11月23日 (木) 19:40

生まれたばかりの赤ちゃんも、耳はとてもよく聞こえています。


オルゴールなどの優しい音も好きですが、一番うれしいのは「どうしたの?」「なあに」などの優しい声です。


何もわからない等と思わず、授乳や おむつ替えのときはかたり掛けてください。

抵抗力も弱く風邪をひかないようにしてください。


体温調節は上手ではなく、身体の機能は未熟なので、室温設定は気を付けてください。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

インフルエンザについて

2017年10月10日 (火) 20:29

年間1000万人以上がかかる季節性感染症「インフルエンザ」はインフルエンザウイルスが原因の呼吸器感染症で、A型、B型、C型に大きく分類されます。



大流行の原因になるのは、A型のA/H1N1亜型(ソ連型)とA/H3N2亜型(香港型)とB型の3種類です。



日本では例年11月~4月に流行します。いづれの型のインフルエンザも潜伏期間は1~3日ほどで、その後は38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れます。



喉の痛み、鼻汁、咳などの症状も見られ、普通の風邪より症状が重いのが特徴です。



通常1週間で軽快しますが、乳幼児や高齢者、免疫力の低下している人では重症化しやすく、急性脳症や肺炎など重篤な合併症を引き起こすこともあります。



流行前のワクチン接種により症状を緩和できますが、妊婦さんや赤ちゃんの接種には制限があります。



かつては妊娠初期の妊婦にはワクチン接種を推奨しませんでしたが、現在では、日本産婦人科学会が希望する妊婦には推奨しています。



乳幼児のワクチン接種は生後6か月以上から可能とされています。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

RSウイルスの予防と対策法

2017年10月7日 (土) 19:58

「RSウイルス」感染症への主な予防と対策法


1、こまめな手洗い習慣づける。


2、人に向けてくしゃみをしない。という咳エチケットを子供が理解できる範囲で教える。症状がある場合はマスクを着用させる。


3、子供たちが日常的に触れるおもちゃ、手すり、ドアノブなどはこまめにアルコール消毒や塩素系の消毒剤などで消毒する。


4、咳などの症状がある場合は登園を見合わせるなど無理をさせないように配慮する。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

RSウイルスについて

2017年10月4日 (水) 19:44

飛沫感染や接触感染でうつる急性の呼吸器感染症といわれる「RSウイルス」というものがあります。


RSウイルス感染症は、RSにウイルスによって起こる急性の呼吸器疾患で、発熱、咳、鼻水、頭痛など風邪に似た症状を起こし、乳幼児を中心に9月頃から冬季に流行します。


感染者の咳やくしゃみ、会話などのしぶきからウイルスを吸い込んだり(飛沫感染)、ウイルスが付いている手や指などに直接・間接的に触ること(接触感染)でうつります。


2~8日間の潜伏期間を経て発症し、1歳未満の赤ちゃんは重くなりやすく、呼吸困難や細気管支炎、肺炎へと進展することがあります。


低出生体重児や心肺系に基礎疾患がある場合は、さらに重症化のリスクが高まります。


初めて感染発症した場合は重くなりやすいとされているため、乳児期早期の赤ちゃんがいる場合は特に注意が必要になります。


予防ワクチンはなく、治療も対症療法だけです。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/





【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら





【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

ストレスを与えない子供の習い事とは?

2017年10月1日 (日) 22:41

 赤ちゃん・子供の「能力」を引き出しましょう の続きになります。


最近の研究によれば、感受性期というのは、「この時期になると遅すぎる」というものではなく、「ある能力を伸ばすための感受性が増している時期」ととらえられています。


つまり、敏感期ということになります。


また、感受性期(敏感期)には個人差があり、脳のネットワークはいくつになっても発達していくものとされています。


赤ちゃん・子供の能力を正しく引き伸ばすためには、手あたり次第に習い事を詰め込むのではなくて、むしろストレスを与えないで楽しみながら習い事を体験させることが大切です。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

赤ちゃん・子供の「能力」を引き出しましょう

2017年9月28日 (木) 22:10

脳科学における赤ちゃんや子供の能力には、まだ不明な点が多く、解明されていないことがあることから今後も研究が行われる課題があります。


今回は現段階で明らかになっていることをお知らせしたいと思います。


スポンジが水を吸収するように能力を獲得する感受性期


「感受性期」とは赤ちゃんの能力を説明するときによく使われる言葉です。


人間の大脳皮質には視覚、聴覚、言語、運動能力、知的コントロールなど各機能をつかさどる領域がありますが、こうした領域で、乳幼児のある期間、スポンジが水を吸収するように能力を獲得していく時期があるとされており、これを以前は臨界期と呼んでいましたが、最近では感受性期という呼び方が定着してきています。


この感受性期という考え方が、赤ちゃん・子供の能力の引き出し方について誤解を生んできた側面もあるようです。


視覚の感受性期が0~2歳だから早くから絵を描かせるとか、言語能力も0歳から感受性期が始まるので語学はなるべく早く習わせるのが良い。


というものです。


小さい頃から様々な習い事に通わせすぎて子供が疲れてしまう。ということも実際のところ あるようです。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

お子様に砂糖菓子・飲料を与えているお母さまへ

2017年6月20日 (火) 08:43

お子様の諸症状が気になるお母さまへ。


幼い頃から砂糖を使った甘いお菓子を食べていると、いつまでたっても砂糖を欲しがるようになってしまいます。


その砂糖を我慢することで禁断症状が起きることでカッとなり、切れやすい状況になりやすく手に負えない状況になります。


砂糖は常習性があります。


大騒ぎをしている最中に甘い砂糖で作られたお菓子を与えると、騒ぎが収まりますね。


砂糖、特に白砂糖は血糖値を急上昇させ多幸感をもたらします。


多幸感を生み出すことはドーパミン放出であり、多量の砂糖は多量のドーパミン放出に繋がる原因となります。


ドーパミンはアミノ酸のチロシンから作られるアミンの一種で、人間の脳機能を活発化させ、快感を作り出し、意欲的な活動を作り出す神経伝達物質です。ドーパミンが放出されると、脳内に心地良い感情が生ずると考えられています。


このシステムは、正常な快感とともに、麻薬や覚せい剤のような薬物による快感や、そのような薬物への依存の形成にも関わることが知られています。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

予約はこちらから

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付午後7:00迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

  • web予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • 不妊治療サイト

  • みんなの手

  • プレミアム特集

web予約

初めての方へ

治療院案内

不妊治療サイト



プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop