仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

変形性膝関節症

2014年6月21日 (土) 07:43

変形性膝関節症とは

関節の表面は、軟骨で覆われています。軟骨がクッションの役割をし、関節の動きを滑らかにする働きをしています。ところが、過去のケガや加齢などにより、軟骨がすり減ってきます。すると関節に違和感が生じ、力のかかる動作を行うと痛みが生じるようになってきます。

軟骨がすり減った状態になると、人間の体は、それを修復しようとします。しかし、正常には修復できず、トゲのような異常な形の骨(骨棘)となって増殖してしまします。それにともない、関節内の組織が炎症を起こし、関節内に水が溜まってしまうのです(正確には、「関節水腫」と言います)。こうした状態になると、痛みはかなり強いものとなってしまいます。

変形性関節症のなかでも、もっとも多いのは、「膝」に起こる「変形性膝関節症」です。体重がかかり、酷使されやすいうえに、畳と布団の生活という「膝に負担をかけやすい」日本人の生活習慣も影響しているといわれています。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

予約はこちらから

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時40分(施術受付7:30迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

  • web予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • 不妊治療サイト

  • みんなの手

  • プレミアム特集

web予約

初めての方へ

治療院案内

不妊治療サイト

プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop