仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

出産後の骨盤

2017年11月17日 (金) 16:44

骨盤は人体を支え、軸となる身体の重要なパーツです。


下半身は股関節を経由し骨盤の上にある上半身と連携しその上半身を支えるために筋肉と連動してバランスを取っています。


骨盤は建築物に例えると基礎になります。


その基礎である、「骨盤」のバランスが崩れてしまったり、産後に開いた状態の骨盤をケアをせずにそのまま放置してしまうと、出産を機に腰痛になったり、体型が変わってしまったりしてしまう方も多いことが原因で当院への問い合わせが多くなっております。


長年のゆがみをそのままにしてしまうと、基礎の部分が不安定になった状態となり、身体に無理が生じて腰痛や肩こり、偏頭痛、体重の増加、膝や足首のトラブル、体の冷えなど、様々な症状を引き起こしてしまいます。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

妊娠で増えた体重を戻すには・・

2017年11月14日 (火) 22:15

妊娠中に増えた体重は標準的な体重増加であれば、出産後だいたい 4カ月程度で元に戻る方が多いようです。


母乳を与えていると消費カロリーが多くなり、体重を戻しやすくなることから産後すぐから無理なダイエットで体重を落とす必要はありません。


授乳を続けながら3~4か月を目標に戻していくのが理想です。


水分をとり、過食はせずに栄養バランスのいい食事を行ってください。


産後2~3週目には産後骨盤矯正を行い、6週間を経過したら気になる部分の筋トレなどを開始して引き締めていきましょう。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後、授乳中の生活について4

2017年11月11日 (土) 22:02

 刺激物を避ける

授乳中に刺激物を大量に摂取すると母乳の味が変化すると言われています。


母乳の味が変わると赤ちゃんが飲まなくなることもありますので、キムチや辛いカレー唐辛子などには気を付けましょう。


水分を補給する

赤ちゃんが日を追うごとにたくさんの母乳を飲むようになると、母体からは急速に水分が失われ、のどの渇きが出たり、便が固くなったりします。


積極的に水分を摂り、食物繊維も合わせて摂りましょう。




仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後、授乳中の生活について3

2017年11月8日 (水) 21:54

脂質は控えめに

脂質の多い食事を摂ると母乳の脂肪分が高まり、乳管が詰まって乳腺炎になりやすくなってきます。


揚げ物など油脂を使った料理を控えるほか、脂質の少ない食材を選びましょう。


注意したい食材


餅は食べ過ぎるとエネルギーの過剰摂取になります。授乳中は適度な量にとどめましょう。


油もの

揚げ物やマヨネーズなど脂質の過剰摂取は乳腺炎の原因になります。


乳製品

生クリーム、チーズ、バターなどの脂質の高い乳製品は控えめにしましょう。




仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後、授乳中の生活について2

2017年11月5日 (日) 21:35

ビタミン、鉄分、葉酸を摂る


ビタミンは身体に免疫力を付けたり、体内の血液の循環を良くするために重要です。


鉄分は母乳の元となる血液を作るために必要な栄養素であり、葉酸は子宮の回復を早めて貧血を予防してくれます。


どれも産後、授乳中には欠かせない栄養素になります。緑黄素野菜や、海藻、レバーや赤身の魚などに多く含まれいるので、意識して摂るようにしたいです。


特に食べたい食材


母体の体力回復に最適です。ビタミンB12が多く、血液を作るために必要です。


あさり

血液を造る働きのあるビタミンB12と鉄分が豊富


鶏ささみ

母体の体力回復に良い食材です。低脂肪の為、母乳のためにも良いです。

母乳に不足しているビタミンKも豊富に含まれています。


とろろ昆布

母乳に不足しているビタミンKが豊富で汁物に適しています。


かぼちゃ

ビタミンA、Eが豊富で免疫力UPに。


ブロッコリー

ビタミンK、C、葉酸が豊富に含まれています。妊娠中も授乳中も豊富な食材です。


木綿豆腐

母体の体力回復と母乳に不足しているビタミンKを補給します。カルシウムも摂れます。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後、授乳中の生活について1

2017年11月2日 (木) 09:56

妊娠、出産によって変化した身体が、妊娠する前の状態に戻るまで2カ月以上かかると言われています。


その期間を産褥期と言い、この間は十分に休養を取り、食事でしっかり栄養を摂ることが大事です。


母体の回復のためには栄養バランスの良い食事が大切ですが、特に母乳で育児をする方には重要です。


なぜなら、食事内容によって母乳の出方や質も変わってきます。母乳は血液から作られるので、血液の量を増やし質を良くする栄養を摂るように心がけましょう。


下記のポイントはしっかりと押さえましょう。

1.ビタミン、鉄分、葉酸を摂る

2.脂質は控えめに

3.刺激物を避ける

4.水分を補給する

5.産後2~3週以降から産後の骨盤のケアをおすすめします。



当院では不妊子宝整体・マタニティ整体・安産整体などを取り入れ、専門性の高い施術方法を応用した産後骨盤矯正を行っております。





仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/



【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

「産後の床上げ」について

2017年9月7日 (木) 07:28

「産後の床上げ」 とは出産による過度なストレスから子宮や産道、様々な筋肉や靭帯や腱などが収縮したり引き延ばされたり、微小な断裂があったりと大仕事からしばらくの間、1カ月程度「母体を休める」ために休息期間を与える期間です。


昭和の時代もしくはそれ以前の家事状況からすれば、すべてを手作業で家事を行わなければならない状況ですので、当時の「おかあさん」方は大変だったことと思います。


現代ではそれほど(現代もいろいろと大変ですが)家事負担も優れた家電の出現から軽減されていることと思いますが、今も昔も出産の際は産道を通ることでストレスにさらされていることは変わりませんし、むしろ養生をしないですぐに動いてしまうことは出産で使った体力も回復せず、子宮の状態も十分に回復しない状態になる恐れがあります。


具体的には骨盤全体が緩んで尿漏れや子宮が下がることで冷え・むくみ、婦人科系疾患にかかりやすいなどのリスクがあります。


最低でも2~3週間程度はいつでも横になって休めるような環境を整えておくことが良いでしょう。


また、産後2~3週以降から産後の骨盤のケアをおすすめします。


当院では不妊子宝整体・マタニティ整体・安産整体などを取り入れ、専門性の高い施術方法を応用した産後骨盤矯正を行っております。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後骨盤矯正はいつからいつまでが最良?

2017年9月4日 (月) 07:06

産後の靭帯(じんたい)はとても柔らかく、しなやかです。産後骨盤矯正には最適な状態と言えます。


骨盤矯正の開始時期を当院でのお問い合わせでもお伝えしていますが、産後2週間以降に開始すると良いでしょう。


個人差はありますが、産後1カ月は出産の影響が残っている時期ですので、体調とよく相談していただきながら、骨盤矯正を始めていかれると良いでしょう。


出産直後に腰痛や恥骨痛などがある場合は2週間後には治療を始められることをお勧めしております。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後骨盤矯正の効果

2017年9月1日 (金) 12:00

骨盤が正しい位置に修正されると、筋肉のストレスも大幅に減ります。


歩行や移動も楽に行うことができ、わずかな力で効率よく筋肉を使うことができます。


また、腰痛や肩こり、冷え・むくみ の改善が期待できます。


筋肉が効率的に使えることができ、ダイエットが無理なく行うことができ、苦しい食事制限も軽減できます。


体重の負荷が掛からないことで、膝に負担をかけることなく、閉経後の変形性膝関節症などで膝の痛みや変形のリスクをさせることができます。


産後の体重増加を防ぐには産後半年以内のケアが重要になってきます。



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後に骨盤が戻らない場合は・・

2017年8月29日 (火) 11:05

産後に骨盤が戻らない場合、その状態が続くことで様々な症状として出てくることが予想されます。


・産後の腰痛や恥骨痛

・産後太りを防ぎたい

・体重が戻ったのに体形が戻らない

・肩こりや不眠

・基礎代謝量の低下(体温が低く、肥満の原因)

・冷え症・むくみの増加

・婦人科系のトラブル

二人目不妊(妊娠しにくい体質へ知らぬ間に変化していきます) 



仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後に骨盤が緩む原因

2017年8月26日 (土) 10:52

産後に骨盤が緩むきっかけは、出産によって骨盤がホルモンの影響で開くことが原因です。


出産後は時間をかけてゆっくりと本来の状態に戻り、自己修正を行いながら正しい位置へを収まります。


しかしながら、妊娠前に腰や首の状態が良好ではなく、慢性腰痛や肩こり、頭痛、冷え、むくみなどがある場合は妊娠・出産を経て骨盤が正しい位置に戻らないことがあります。


また、畳やフローリングでの横座りや椅子での足を組むことを習慣化している方は特に産後ケアをおすすめしております。




仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後骨盤矯正を受診される上位3つのきっかけ

2017年8月23日 (水) 10:31

妊婦さんにとって出産は大きな一大事です。


しかしながら、それがゴールではありません。


子育ては最低でも10数年は続きます。その中で「子育て期間のほうが体調・日々の生活が大変だった」というお母さま方が多いのです。


当院で受診されている方々から「受診理由」を聞いたところ、下記のご意見を多くいただきました。


1、出産後の体重が戻ったのに、体形が戻らなくなった。

2、腰痛・肩こりが戻らなかった。

3、今後の冷え症・むくみがこれ以上ひどくなるのが不安。




仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

産後骨盤矯正における当院の施術特徴・特色

2017年8月8日 (火) 00:52

弊院における産後骨盤矯正の特色として


①腰痛の軽減・改善

腰の痛みがなくなり、起床後の起き上がりも楽になります!


②妊娠前のジーンズがはけるようになる

9割以上の方々が初回の施術で実感されています。


③むくみの改善

施術を重ねるたびに「むくみ」の感じがなくなることを感じられています。


④冷えの軽減

「むくみ」も感じている方が「冷え」も感じることが多く、施術後は足先に暖かさを感じるようになっています。




 仲町鍼灸接骨院

東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/


【産後骨盤矯正施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 骨盤矯正

仙腸関節調整

2014年5月10日 (土) 15:28

仙腸関節は上半身と下半身を結びつけ体重を支えたり、地面からのショックを吸収するなど重要な働きをしています。

また、日常的に負荷のかかる部位なので機能異常を起こしやすい部位とされ、身体の土台となる関節なので良くも悪くもその影響は全身に波及していきます。

関節運動学的には、この仙腸関節は1~2ミリ程度の遊び(余裕)がありますが、この遊びがなくなった状態が関節機能異常です。
関節機能異常が起こると本来仙腸関節を含む骨盤は微細な動きをしていますが、適切に動かなくなります。

※関節機能異常(joint dysfunction)とは:器質的病変の認められない正常関節において、関節面の動きという機能のみに異常が生じた状態


当院では
・ケガや炎症の後遺症により固くなった関節の膜(関節皮膜)に弾力を取り戻す
・悪い姿勢、間違った体の使い方によって固くなってしまった関節の動きを取り戻す
ことを目的に仙腸関節調整を行っております。

詳しくは院長にお問い合わせください。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 骨盤矯正

予約はこちらから

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付午後7:00迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  • web予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • 不妊治療サイト

  • みんなの手

  • プレミアム特集

web予約

初めての方へ

治療院案内

不妊治療サイト



プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop