仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

普段と変わりない動作を行うのになぜ「ぎっくり腰」になるのですか?

2014年11月6日 (木) 15:54

「ぎっくり腰」は重いものを持ち上げたり、軽いくしゃみで発症したりと原因は様々です。
朝の洗顔、ペンや消しゴムを拾う動作、デスク越しに書類を受け渡す動作など、多々あります。

では、普段と変わりない動作を行うのになぜ「ぎっくり腰」を起こすのでしょうか?

少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、ある時、負荷の許容量を超えて腰痛として発症してしまったと言えるでしょう。

人が身体を修復する時間帯は睡眠時間中でありますが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、軽い動作で腰痛を招いてしまうことになるのです。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:http://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 腰痛

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時40分(施術受付7:30迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アメーバブログ

プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop