仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

昼夜が逆転している赤ちゃん・・なぜ?

2024年1月16日 (火) 00:12

新生児や幼児の睡眠パターンが昼夜逆転してしまうことは比較的一般的です。

これは、赤ちゃんがまだ自分の体内時計を確立していないため、昼夜の区別がついていないことが原因です。以下に、昼夜逆転が起こる可能性がある要因と対処法をいくつか挙げてみましょう。


赤ちゃんの昼夜逆転の原因


胎内のリズムの影響:
赤ちゃんは胎内でも光がない状態で過ごすため、外部の昼夜のサイクルにまだ適応していない可能性があります。


食事と睡眠の関連:
赤ちゃんが夜によく寝てしまい、昼間は寝ずにいると、昼夜逆転が起こることがあります。


規則正しいリズムの欠如:
赤ちゃんにはまだ規則正しい日課がないため、昼夜の区別が難しいことがあります。



対処法


日中の活動促進:
昼間は明るい環境で過ごし、活発な活動を取り入れて赤ちゃんを刺激します。これが昼夜のリズムを整えるのに役立ちます。


夜間の静かな環境:
夜は静かで暗い環境を提供し、寝る前にリラックスできる環境を作ります。明るい光を控えめにし、寝室を静かに保つことが大切です。


規則正しいスケジュールの導入:
定期的な食事や寝る時間を作り、赤ちゃんに昼夜のパターンを理解させることが重要です。


昼夜のリズムを意識して過ごす:
昼は明るく活動的な時間を、夜は静かで穏やかな時間を意識して過ごすことが役立ちます。


昼と夜が逆転している赤ちゃんは胃が張りやすい現象にあります

特に便秘がちのお子さんは胃が張りやすいのですが、このようなお子さんに治療すると、胃の空気が排出されて昼と夜の逆転が解消されます。


これらの方法が即座に効果を発揮することもありますが、そうでない場合もあります。赤ちゃんの体内時計の確立には個人差がありますので、焦らずに少しずつ試してみることが大切です。


当院では上記の症状を早く解消できる施術を小児を対象に行っています。

お問合せください。





仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

予約はこちらから

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付午後7:00迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

  • web予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • 不妊治療サイト

  • みんなの手

  • プレミアム特集

web予約

初めての方へ

治療院案内

不妊治療サイト



プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop