仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

紫外線と美容鍼灸

2022年6月28日 (火) 00:51

美容鍼灸が注目されている理由として、 齢や紫外線・刺激などのダメージで衰えてしまった肌自身のコラーゲンを増やす効果が認められています。

鍼をつかうことで、肌の下の表情筋などの組織にまで直接刺激をし、血流の促進、コラーゲンの生成、そしてリンパの流れもよくなります。 老廃物の排泄も促すことで代謝の活性化にもつながり、美肌に役立ちます。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 美容はり

梅雨と頭痛

2022年6月21日 (火) 00:00

なぜ梅雨の時期は頭痛が多い?

梅雨の時期になると頭痛を感じる…そんなことはありませんか?
どんよりとした天気で気分が滅入ってしまう上に、気圧の変化に体が対応しきれないせいなのです。
未だにその原因を科学的には特定できてはいないものの、低気圧の日と頭痛には相関関係があると言われています。
梅雨だから仕方がないと諦めず、気圧と頭痛の関係を知って、正しい予防法を学びましょう。

当院では鍼灸治療をおすすめしています。詳しくはお問い合わせください。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 自律神経

レントゲンは撮ってもらえますか?

2022年6月14日 (火) 00:44

接骨院ではレントゲンを撮ることは出来ませんが、レントゲンによる検査が必要な場合や、患者さんご自身がご希望される場合は、整形外科を受診くださいますようお願いいたします。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 質問

半月板損傷

2022年6月7日 (火) 00:12

半月板とは、膝関節の内側と外側に1枚ずつあります。
膝の動きをスムーズにしたり、膝の動き(屈曲・伸展、内旋・外旋)に際して膝関節を安定させたり、ジャンプなどの衝撃を分散させるクッション的な役割(衝撃吸収)を果たしています。

半月板という名ですが、どちらかというと三日月に近い形をして関節内に横たわっています。
この半月板が、スポーツ活動や膝をひねったりして損傷することがあります。

半月板を損傷すると膝関節の疼痛や運動制限が発生します。

膝をひねるような場面で起こりますが、ほとんどはスポーツ活動中に受傷しています。

ジャンプ着地時に膝関節が曲った状態でひねりの力が加わると、水平方向のストレスが加わります。そのストレスによって半月板を部分的もしくは全体的に損傷(断裂)します。

例えば、片足で床を滑ったとき、横から膝にタックルされたとき、ジャンプ着地時に膝が外反屈曲してひねりが加わったとき、スキーのターン時などに発生します。

水泳の平泳ぎでも起こります。平泳ぎで起こるのは膝に繰り返しのひねりの力が加わるためです。またランニングなどの単純な動作でも、徐々に半月板が磨耗して起こります。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 怪我

交通事故で相手保険会社が薦める医療機関に行かなくてはならないのでしょうか?

2022年5月31日 (火) 00:47

どこの医療機関に掛かるかは、患者さんの自由です。

保険会社や、加害者から強制されたり、制約を受けるものではありません。
ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。
仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 交通事故

半月板損傷の急性期と慢性期

2022年5月24日 (火) 00:43

急性期
“ガツン”と受傷したばかりのときは、疼痛が主症状です。奥歯に物が挟まったような痛みや、膝を伸ばすときに一瞬引っかかるような違和感(キャッチング)が常にあります。

断裂部位が大きくなり、関節内に半月板の一部が嵌入(はまる)すると、関節がある角度から伸ばせない状態(ロッキング症状)となり、激痛及び可動域制限が起こり、歩行ができなくなるケースもあります。内側半月板損傷のほうが、外側半月板損傷より5倍も多く発生しています。


慢性期
慢性化すると関節炎が起こります。膝関節に水や血がたまる水腫や血腫を合併します。さらに長期化すると、患側を無意識でかばうために大腿四頭筋が萎縮してきます。

さらにひどくなると、断裂した半月板がめくれて大腿骨や脛骨の関節の軟骨を傷つけ、骨を変形させる(変形性膝関節症)原因にもなります。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 怪我

美容鍼の効果 5

2022年5月17日 (火) 00:05

美容鍼では全身や顔面のツボを刺激することで、顔はもちろん全身の血流やリンパの流れが良くなり、免疫力、抵抗力といったものも高まるため、顔色が良くなったりハリが出てきたりします。

疲れると足がぱんぱんになったりするむくみですが、飲みすぎた翌日などは顔もむくんだりするのは体験したことのある人も多いと思います。
むくみに対して、美容鍼は特に良い高い効果が期待できます。血液の循環を改善するために、全身に鍼灸を行います。

美容鍼を打つと、血行などが刺激されることにより、疲れたときでも顔のラインが崩れにくくなる、といった効果だけでなく、※ウェストラインが細くなる、便秘が解消するなどといった効果も期待できます。

※個人差がございますので、ご了承ください。
仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の美容鍼・美容はり】仲町鍼灸接骨院 facebook

   →   こちら



【美容鍼(はり)施術詳細・料金】

   →   こちら



カテゴリー: 美容はり

むち打ち症とは?

2022年5月10日 (火) 03:25

強い衝撃を受けて、首がムチを振ったときのようにしなると、首周辺のさまざまな組織が損傷されて「むち打ち症」になります。

もっとも多いのは自動車事故によるものですが、フットボールや相撲、スノーボードなど、スポーツ時の激しい衝突によっても発生することがあります。

むち打ち症と診断された方のうち、約93%の人は「完治」と診断されても辛い症状が続くといわれています。

こうした症状は、事故の直後には現れなかったのに、1週間ぐらいしてから現れることもあります。そして、しばしば長期化し、数年間も症状が続いてしまうこともあります。こうした症状は日常生活の妨げになり、とてもつらいものです。

当院では交通事故、スポーツ障害で首の怪我の治療を行っております。
詳しくはお問い合わせください。
仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 交通事故

交通事故で保険会社が接骨院でなく「病院」と指定してきました

2022年5月3日 (火) 01:47

病院・接骨院の選択権は患者さんに与えられていますので、保険会社が病院を指定してきても健康保険取扱いの機関であれば大丈夫です。接骨院で受診を選択されても大丈夫です。

当院で治療を受けながら、病院で月1回程度回復具合いを検査してもらっていくのが良いでしょう。
仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 交通事故

美容鍼の効果 4

2022年4月26日 (火) 09:57

美容鍼には、美肌につながるさまざまなアンチエイジング効果があります。

シワ・たるみ

線維芽細胞の増殖によって、ハリや弾力のあるお肌に生まれ変わります。
さらに、鍼には筋肉のコリをほぐす効果があることから、表情筋を緩めることで、さらにシワ改善の効果がアップします。

肌荒れ

真皮成分の産生によってハリのあるみずみずしいお肌になることで、乾燥肌や毛穴の目立つお肌に効果があるほか、消炎作用によって大人ニキビが改善されます。

しみ・くすみ

お肌のターンオーバーの活発化が、紫外線などが原因のメラニン色素の沈着に効果的です。

目の下のクマ

たるみによるクマ・色素沈着によるクマ・血行不良によるクマなど、それぞれのタイプのクマに効果があります。

むくみ

リンパの流れや老廃物の排出が促されることで、むくみにくくなります。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の美容鍼・美容はり】仲町鍼灸接骨院 facebook

   →   こちら


【美容鍼(はり)施術詳細・料金】

   →   こちら


カテゴリー: 美容はり

美容鍼の効果 3

2022年4月19日 (火) 09:37

アンチエイジングという言葉が最近使われるようになりましたが、これは、<抗加齢医学>といって、加齢からくる症状に対してあらかじめ、食事や運動そして考え方などを通して早めに対応し、時に不足するホルモン・栄養素を処方するなど、医師によって提唱された予防医学です。

東洋医学では古来よりまさにこの予防医学=未病治(未だ病にならざるを治す・・・本格的な病気になる前にあらかじめ手当てする)がテーマであり、得意とする分野です。

美容鍼は副作用のない安全なアンチエイジングの治療法として近年注目されています。

若々しいお肌は、真皮層にある真皮成分が重要な役割を果たしています。
エラスチンやコラーゲンなどの線維によって張りや弾力を保ち、保水成分のヒアルロン酸によってみずみずしさを保つことができるのです。

そして、それらの成分を作り出しているのが線維芽細胞です。

ところが、加齢や紫外線によるダメージによって線維芽細胞が衰えると、肌の弾力や水分が失われてしまうため、シワやたるみができやすくなるのです。

鍼によって損傷を受けたお肌は、破壊された細胞組織を修復しようするため、繊維芽細胞を増殖します。そして、繊維芽細胞が増えることで、コラーゲンなどの真皮成分が追加生産されるようになるのです。

さらに、鍼で経穴(ツボ)を刺激されると、血流やリンパの流れが良くなることで、老廃物の排出や肌のターンオーバーが活発になるということが明らかになってきています。

美容鍼は、私たちが本来持っている自己治癒力を利用した美容法です。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の美容鍼・美容はり】仲町鍼灸接骨院 facebook

   →   こちら



【美容鍼(はり)施術詳細・料金】

   →   こちら


カテゴリー: 美容はり

ぎっくり腰ってなんですか?

2022年4月9日 (土) 16:56

ぎっくり腰は、重いモノを持ち上げたときや急に体をひねったとき、無理な姿勢をしたときなどに突発的に襲う腰痛のことで、正式には「急性腰痛症」と呼ばれています。

ぎっくり腰の多くは腰の捻挫であり、腰椎を支える靭帯が、急激な負荷に耐えきれず損傷してしまうのです。捻挫ではなく、筋肉や軟骨を損傷している場合もあります。

軽い場合は2~3日で治りますが、重傷の場合、2週間~3ヶ月程度痛みが続くこともあります。

痛みの強い間は安静にしていることが何より大切です。なるべく体を動かさず、すぐにご来院ください。
無理をすると治るのが遅くなり、場合によっては、クセになって慢性化させてしまう恐れがあります。

また、「腰椎椎間板ヘルニア」が隠れている場合があります。この場合は安静にしているだけでは治らず、きちんとした治療が必要です。

当院では、痛みの処置を速やかに取り去る治療を行い、からだのバランス、関節の動きを改善させます。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 腰痛

美容鍼の効果 2

2022年4月2日 (土) 09:28

鍼は昔から用いられてきた健康法。もともと皮膚や筋肉を刺激して血流を正すことで、生理機能を正常化させたり、疾病を治療するために用いられてきました。そういった安心感も手伝い、美容鍼が受け入れられたようです。

対象となる症状
●肌に張りや潤いが無い。
●まぶた、頬、顎にたるみが目立つ。
●目尻や口角が下がっている。
●額、眉間、目尻、口角などにシワがある。
●顔面、デコルテ※がむくむ。 ※首から胸元にかけて
●肌にクスミやソバカスが目立つ。
●目の下にクマが出やすい。
●月経周期、食事、疲労による吹き出物。
●ストレスによる顔面の緊張感がとれない。
20130221110130



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の美容鍼・美容はり】仲町鍼灸接骨院 facebook

   →   こちら


【美容鍼(はり)施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 美容はり

膝の痛み ~変形した膝が痛いです~

2022年3月26日 (土) 11:08

変形性膝関節症のために膝の痛みがあると、無意識のうちに膝を曲げ伸ばししないようにかばって動作を行い、痛みのある足にあまり体重をかけないようにして歩きます。

では、そのまま生活していくとどうなるでしょうか? 徐々に足の筋力が弱くなり、膝や股関節・足関節(足首)などの関節の動きも悪くなり、姿勢や歩き方にも影響します。

更に症状が悪化すると、膝の変形・痛みが進行することもあります。姿勢の変化は、肩こりや腰痛を引き起こすこともあります。

このような悪循環を断ち切るためにも、適切な膝の治療をして痛みを減らし、膝の関節を柔らかく保ち、筋力アップしましょう。

当院では、膝の痛みを継続的に治療することで改善する施術を行っています。
ご相談ください。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

美容鍼の効果 1

2022年3月19日 (土) 09:26

美容鍼の効果はフェイスラインから順に顔に鍼を打つことで、顔がリフトアップするというのが好評です。さらに、肌の内側に働きかけることで新陳代謝も上がります。細胞も活性化され、血色もよくなり、メイクののりも良くなります。

1回の施術でも実感できますが、こまめに鍼治療に通うことで、全身の血流が整い、効果が長持ちします。

からだは施術の効果を受け入れると、長く保たせるようになります。そうすることで長く良い状態を保つことが出来れば、こまめに通わなくて構いません。

時々のメンテナンスにご来院頂ければよろしいと思います。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の美容鍼・美容はり】仲町鍼灸接骨院 facebook

   →   こちら



【美容鍼(はり)施術詳細・料金】

   →   こちら



カテゴリー: 美容はり

坐骨神経痛とは ①

2022年3月12日 (土) 21:59

坐骨神経痛とは、「症状」の表現であり、病名ではありません。「坐骨神経痛」の名前が示すとおり坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。

坐骨神経痛は、何らかの原因で、坐骨神経が圧迫される事で痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。

また、症状が深刻になると脚の痺れが徐々に下まで伸びていき、脚の指先まで痺れるケースも出てきます。

坐骨神経は、臀部、太ももの裏など、下半身の後ろを通っているため臀部から足の指の範囲に症状が出ることが多いのです。また、天候などによっても症状が不規則に変化するという特徴も持っています。

坐骨神経痛がぎっくり腰やヘルニア以上に「厄介」だとされるの はその痛みの特徴にあります。 具体的には、これらのものです。

■ 激痛もあるが、比較的鈍痛が多い
■ 痺れ、痛みは限定的な動作に伴う
■ 常に不快な思いが伴う。

仲町鍼灸接骨院での坐骨神経痛の治療方法は3つのアプローチからその症状を取り除きます。
詳細は下記のページです。
http://ameblo.jp/nakachoshinkyu/entry-11851237005.html



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 坐骨神経痛

腰痛~日常生活でできる予防法~

2022年3月5日 (土) 10:41

日常生活でできる予防法


姿勢に気をつける

例えば同じ姿勢で長く立ち仕事する調理台やアイロン台などは、前屈みにならないよう補助台を置くなどして自分に合った高さに調節する工夫をしましょう。また、いすには深く座り、背骨を伸ばし、膝、足首が90度になるように高さを調節するなど、姿勢に気を配りましょう。


腹筋と背筋を鍛える

日頃から、腹筋と背筋を鍛える運動を心がけましょう。仰向けに寝た状態で腰の下にたたんだタオルを当て、自転車を漕ぐように空中で足を回す動作は、腹筋と背筋を同時に鍛えることができます。ただし、腰の痛みがあるときは決して無理をしないことが大切です。


靴の選び方やバッグの持ち方に注意する

ヒールの高い靴や厚底靴を避け、かかとが低く安定性のある靴を選びましょう。荷物は、片側にだけ負荷がかからないリュックサックがおすすめですが、バッグを片手で持つときは、こまめに左右持ち替えるようにします。


重いものを力任せに持ち上げない

何かを持ち上げるときは、中腰で力を入れたり、腕の力だけで持ち上げずに、しゃがみ込むように腰を落としてゆっくり持ち上げるように心がけましょう。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 腰痛

スポーツ障害

2022年2月26日 (土) 00:00

スポーツ障害とは
ケガや、繰り返し行われる動作によって、少しずつ運動器が障害を受けること。

診断や治療のみならず、再発予防のために原因となる身体の問題を抽出し、対処することが大切です。

主なスポーツ障害

関節炎・腱鞘炎・筋肉損傷・疲労性骨折・骨膜炎・腰痛(分離症、すべり症)、膝関節障害・野球肩・野球肘・テニス肘・ランナー膝・水泳肩


当院は超音波画像診断装置(エコー)を配備しており、骨や関節、筋・腱といった軟部組織を観察し、より精度の高い治療が行えます。診療時にエコーで患部の検査を行い、モニター画面を通して患者さんと一緒に状態を見ることができます。また、レントゲンと違い、放射線を浴びることがないため繰り返し観察が行えます。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 怪我

打撲

2022年2月19日 (土) 11:08

「打撲」とは、何かにぶつかる、転倒するなどして外部からの力がかかり、皮下組織や筋肉を損傷した状態のことで、いわゆる「打ち身」のことです。

打撲すると、損傷した筋肉を修復しようと組織が集まってきて、赤く腫れて炎症を起こします。

単なる打ち身だと思っていても、骨折や靭帯損傷を起こしている可能性があります。

また強い炎症が起こると、急激に腫れあがって周囲の血管や神経を圧迫してしまいます。

こうして起こった血流障害や神経麻痺を「コンパートメント症候群」といい、最悪の場合、打撲が治っても障害が残ってしまうこともあります。

速やかにご来院ください。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 怪我

変形性膝関節症

2022年2月12日 (土) 07:43

変形性膝関節症とは

関節の表面は、軟骨で覆われています。軟骨がクッションの役割をし、関節の動きを滑らかにする働きをしています。ところが、過去のケガや加齢などにより、軟骨がすり減ってきます。すると関節に違和感が生じ、力のかかる動作を行うと痛みが生じるようになってきます。

軟骨がすり減った状態になると、人間の体は、それを修復しようとします。しかし、正常には修復できず、トゲのような異常な形の骨(骨棘)となって増殖してしまします。それにともない、関節内の組織が炎症を起こし、関節内に水が溜まってしまうのです(正確には、「関節水腫」と言います)。こうした状態になると、痛みはかなり強いものとなってしまいます。

変形性関節症のなかでも、もっとも多いのは、「膝」に起こる「変形性膝関節症」です。体重がかかり、酷使されやすいうえに、畳と布団の生活という「膝に負担をかけやすい」日本人の生活習慣も影響しているといわれています。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

予約はこちらから

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付午後7:00迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  • web予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • 不妊治療サイト

  • みんなの手

  • プレミアム特集

web予約

初めての方へ

治療院案内

不妊治療サイト



プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop