仲町鍼灸接骨院は江東区門前仲町駅すぐの治療院。

治療院ブログ

砂糖の量

2024年5月21日 (火) 00:30

おなじみの飲料にこれ位の砂糖が入っているようです。



お子様に与える量を調整してはいかがでしょうか?

飲料水に含まれている砂糖の量が多すぎる

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/




【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

健康保険で鍼灸治療を受けられますか?

2024年5月14日 (火) 23:59

弊院では健康保険を使っての鍼灸治療は承っておりません。
健康保険証での鍼灸治療はできません

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com

カテゴリー: 質問

小児の治療をお断りしなければならない時

2024年5月7日 (火) 00:55

小児の治療をお断りしなければならない症状として

38度以上の発熱時

急性腹症

急性脳・脊髄疾患

骨折

脱水症状


などが疑われるときは医師への診断を早期に行うことをお勧めいたします。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

治療と定期的な継続のすすめ

2024年4月30日 (火) 00:43

私たちは毎日定期的な周期で生活をしています。


時には体調が良い時もありますし、そうではない日もあります。


当院に来院されている患者様の中には定期的なメンテナンスにいらっしゃる方もいますが、少数ですが、尋常ではない痛みを抱えた時に来院される患者様もいます。


2つのパターンにみられる患者様の特徴ですが、治療回数・治療期間・予後(治療が終わった後の状態)に大きく差があります。


定期的にメンテナンスをされる方は治療回数が比較的少なく、治療期間も悪い状態ではないので短い。また予後の体調は悪くなりにくい。


対して、痛いときだけ来院される方は治療回数は多く、回数が多いので治療期間も長くなる。予後は残念ながら、良い状態を長く保つことは難しそうです。


そして何より、痛みや苦痛は避けたいものです。 機械も時々メンテナンスをしますが、毎日使っている身体も手入れが必要と思われます。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 治療のすすめ

お子様のアトピー性皮膚炎の治療について

2024年4月23日 (火) 00:35

小児のアトピー性皮膚炎の治療を行う際に生活面ではバランスの良い食事と清潔面(ダニやハウスダスト、ペットなど)を整えてください。

小児科や皮膚科専門医などの連携した治療計画(投薬など)をとり、自律神経を整える当院での小児の治療をお勧めいたします。

治療の効果として、痒みの減少、掻破回数減少、落ち着きが出てきて眠れるようになります。

施術回数は症状によります。重症度により長期の施術になることも考えられます。

効果が持続し症状の軽減に伴い、治療回数・治療期間は少なくなります。

皮膚病の男の子

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

小児はり(鍼)の治療は「子ども医療費助成」が使えますか?

2024年4月16日 (火) 10:52

小児はりでの「子ども医療費助成」は使えません。

当院は大人を含めた鍼灸領域の治療に関して、すべて自費治療とさせていただいております。

また、初診時の予約電話なしでのご来院は治療をお受けになれません。

ご了承のほどよろしくお願いいたします。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

小児の治療 「疳の虫」って知ってます?

2024年4月9日 (火) 00:22

3歳くらいまでのお子さんは月に3~5回づつ定期的に治療しておくとよいでしょう。

発育も良く病気知らずで大きくなっていきます。

保育園や幼稚園へ行き始めると集団生活で3歳以降でもストレスの多い子や生活リズムの変化で疳の虫を出す子は多いと思います。

眉間には青い筋があったり、体重減少気味だったり、ちょっとのことで直ぐ泣くなど小児鍼は有効です。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

春の紫外線は真夏並み

2024年4月2日 (火) 00:54

陽気が一気に春らしくなり、お出かけシーズンになりつつあります。

この時期、注意したいのが紫外線です。ケアを怠ると思わぬ日焼けも起こします。

実は地上に届くUV量のピークは5月から8月にかけて増えていきます。


3月ぐらいから徐々にUV量は増えていますので、無防備に過ごしていると真夏並みの紫外線を浴びてしまうことにもなりかねません。


日焼けはもちろん、肌トラブルにつながる可能性もあります。


肌の内側、外側からUVケアしましょう!!


美容はり(鍼)とバランスのとれた食事と睡眠を十分摂って、こまめにケアをしましょう!!


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の美容鍼・美容はり】仲町鍼灸接骨院 facebook

   →   こちら


【美容鍼(はり)施術詳細・料金】

   →   こちら

カテゴリー: 美容はり

痛みをとるために行う施術に関して

2024年3月26日 (火) 10:59

ほとんどの患者さんは施術に対して間違った認識をされているようです。

今回は何が間違いなのかお伝えしたいと思います。


痛み止めの注射や薬で良くなるという間違い


病院で当たり前のようにおこなわれている処置ですが本当にこれで治るのでしょうか?

確かに痛みが強い時に痛みを抑える事は必要です。しかし、根本治療としては間違えています。


患部が痛みを出していますが、脳で痛みを感じるために痛み止め薬は脳で痛みを遮断するようにできています。


薬が効いているときは痛みは脳で感じないので、「良くなっている→治った。」と錯覚しています。


治ってもいないのに【勘違いをして】元気よく動いてしまっていたために、薬が切れて激痛に襲われ、当初の状態よりも『悪い状態』になることがあるようです。


痛み止めの薬は常用すると、効きが悪くなります。


薬に頼らない根本治療を当院でやってみませんか?


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



カテゴリー: 治療のすすめ

子供と砂糖

2024年3月19日 (火) 22:26

お砂糖、今や欠かせないものになっています。

加工食品などに製造工程では必ず入っているものと思います。

私は食品の専門家や栄養学の専門家でもありませんが、「子供と砂糖」の弊害について日々臨床現場でお子さんたちと接する中で感じたことを述べたいと思います。

お菓子を夕食前に食べ過ぎて、夕飯が食べられずにお子さんを叱ったり、大騒ぎしているお子さんを静かにさせるためにお菓子を与えたりすることはありませんか?

一度はあると思います。
「ないです。」というお母様は素晴らしいですね。

甘いものはストレス解消になります。しかし、過剰摂取は精製食品のために毒になります。

また、砂糖への執着心というのでしょうか、依存度が高いようにも思われます。


「おいしい」と思うのは「胃」や「小腸」ではなく、「脳」で感じるのですから、麻薬のように「依存」してしまう砂糖は過剰に与えるものではないと思います。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

病院に行っても腰痛が治りません。どうしたらいいですか?

2024年3月12日 (火) 00:14

腰痛を診る病院は、「整形外科」です。そこでは、入念な検査をします。

整形外科の診察で、「骨には異常がない」と診断された場合、その治療としてほとんどの場合が湿布薬と痛み止めを処方されます。しかし、残念ながら多くの場合は完治には至らない。

結局、決定打となるような治療法がないのが現状です。最近、このような経験をお持ちの方が当院に来院されていることが多く感じられます。



  令和4年国民生活基礎調査では性別にみた有訴者の男性1位女性の1位が「腰痛」がある。

と回答しています。(イラストは平成22年のものです。)

腰痛

これは、現代社会のライフスタイルが影響してると思われます。



・生活が便利になるにつれて低下する筋力



・単純な運動不足、1日中受験勉強や仕事で机に向かっている人たち



・飽食社会が生む肥満や過激で無知なダイエット(極端な糖質制限)に走る人たち

 ⇒(簡単にリバウンド体型の完成です。健康的な減量ではありませんね。。)



また、ストレス社会といわれる現代では精神的ストレスが腰痛を悪化させることがあり、結果、腰そのものに直接的な原因がないのにもかかわらず「腰が痛む」こともあります。



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 腰痛

仙腸関節調整(骨盤調整)

2024年3月5日 (火) 00:28

腰痛・座骨神経痛に仙腸関節の治療法(骨盤調整)

仙腸関節とは、骨盤を形成している腸骨という骨と背骨(腰骨) の一番下にある仙骨という骨から構成している関節です。

仙腸関節は1~2ミリ程度の動き(遊び)があります。この動きが“ひっかかる”状態になると(遊びがなくなる)、腰痛や足のしびれなどの症状がでてきます。これを関節機能異常といいます。

腰痛または座骨神経痛の原因の約9割は、仙腸関節の動きの障害によって起こっているというぐらい、仙腸関節は注目されており、治療上大事な関節になります。

しかし、過度に仙腸関節に治療アプローチをしてしまうと、痛みや違和感を引き起こしてしまうこともあり、治療が難しい関節でもあります。


仙腸関節の動きが障害されている腰痛として可能性がある痛みは

『長時間座っている時に腰が痛い』
『座って立ち上がった時に腰が痛い』
『寝ていて起き上がった時に腰が痛い』
『腰を後ろに反ると腰が痛い』


が代表的です。

仙腸関節の動きが障害されている腰痛は、自然に治ることはほとんどありません。
(痛みは軽減することはありますが、違和感が残る場合が多い)

何らかの方法で仙腸関節に正常な動きを取り戻さない限り完治することは困難です。


当院では整形外科領域での手技療法の
AKA-博田法(関節運動学的アプローチ)の理論を参考にした施術を行っております。

仙腸関節仙腸関節

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 腰痛

小児のチック症

2024年2月27日 (火) 00:48

子供のチック症はいきなり症状の発現があるのではなく、その前に症状があったはずです。

日常動作に落ち着きがなく、不安げな目つき、などがありませんでしたか?
その症状は「疳の虫」といわれているものです。

その症状の時に小児はりをすることができれば、チック症状は防げたかもしれません。

チック症は2週間程度の治療を行えば症状が消えること(あくまで目安です。重症ならそれ以上)が多いです。

しかし、再発は簡単に起こりますので、保護者のお子様に対する接し方も気を付けて頂きながら生活していくことが宜しいと思います。

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

テレビをつけっぱなしのお母さんへ

2024年2月20日 (火) 22:37

テレビをラジオ代わりにして四六時中流しっぱなしにしているお母様へ。

昨今、子供の発育に関するテレビの是非はいろいろありますが、このブログでは、「夜泣き」だけに焦点を当てて考えてみたいと思います。

テレビは成長段階の子供が見ることは悪影響であると思いませんが、見ていないテレビを流しっぱなしで家事をしていることは小児にとって良いとは思えません。

良くないパターンとして、誰も見ていないスイッチがついているテレビに小児が顔を近づけて画面を触っていたり叩いていたり。

昼間にそのようなことをしていた子は高確率で寝ません。夜間就寝中もテレビの光で覚醒しているのでしょう。

また、その日からテレビをつけずに習慣を変えてもしばらくの間(数週間)は寝ません。蓄積されているから。と思われます。

音がないと落ち着かないお母様、ラジオかCDに変えてはいかがでしょうか?

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

坐骨神経痛とは

2024年2月13日 (火) 00:04

坐骨神経痛とは、腰から足にかけての神経である坐骨神経が圧迫されて起こる痛みやしびれのことです。主な症状は、おしりから足の裏にかけての痛みやしびれ、歩行困難、足の力が弱くなるなどです。


坐骨神経痛の原因としては、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが挙げられます。これらの病気は、いずれも腰の骨や筋肉のバランスが崩れることによって、坐骨神経が圧迫されて起こります。


坐骨神経痛がぎっくり腰やヘルニア以上に「厄介」だとされるの はその痛みの特徴にあります。

具体的には、これらのものです。


■ 激痛もあるが、比較的鈍痛が多い

■ 痺れ、痛みは限定的な動作に伴う

■ 常に不快な思いが伴う。


座骨神経は、臀部、太ももの裏など、下半身の後ろを通っているため臀部から足の指の範囲に症状が出ることが多く、天候などによっても症状が不規則に変化するという特徴も持っています。


鍼灸と骨格のバランスを良くすることが重要


坐骨神経痛の治療には、薬物療法、理学療法、手術療法などがありますが、鍼灸治療も効果的な方法の一つです。鍼灸治療は、ツボに鍼を刺して刺激することで、痛みやしびれを和らげ、骨格のバランスを整える効果があります。


また、骨格のバランスを良くすることも、坐骨神経痛の予防や改善に重要です。そのためには、正しい姿勢を保つことや、適度な運動を心がけることが大切です。


坐骨神経痛の予防と改善のために


坐骨神経痛の予防と改善のためには、以下のことに気をつけましょう。

・正しい姿勢を保つ

・適度な運動をする

・重い物を持ち上げたり、腰に負担をかける動作を避ける

・ストレスを溜め込まない


当院の治療は


長年、整形外科で腰椎牽引や鎮痛薬を処方された患者様でも安心して治療をお受けになることが出来ます。


また、坐骨神経痛の症状が現れた場合は、早めに医療機関を受診して適切な治療を受けることが大切です。


仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


リンク:腰痛・坐骨神経痛施術詳細ページはこちら

カテゴリー: 坐骨神経痛

赤ちゃんの治療は負担になりますか?

2024年2月6日 (火) 00:34

当院に電車やバスで赤ちゃんと一緒に来院します。

そんな日々のご父兄の皆様の努力には敬服するばかりです。



赤ちゃんの治療も根気が必要です。



工業機械製品の修理でしたら、修理から完成までの日数などは予測できますので、「いつまでに直り(機械ですので)ます。」と言えるでしょう。



しかし、様々な家庭環境背景があり、お子様の症状の軽い、重いなどで治療の回数が変わります。軽度の場合、少ない治療回数で、重度の場合、長期の治療が予想されます。正確な時期を予測して「いつまでに治ります。」とは言えないところが正直なところです。



また、今までの生活習慣をすぐに改めたところで、その日の晩から魔法にかかったかのように変わることもありません。

しかし、お子様には少しずつ体の中から変化が起こり、次第に身体が変わってくるのです。



変化には、それなりの時間が必要になってきます。工業機械製品ではないからです。

即効性を求めるのならば薬を使うのが良いでしょう。しかし、薬は副作用があります。また、副作用のない薬はありません。



この治療法は薬剤を投与して即効性が出るような治療法ではありませんが、治療を行うごとに確実に良い方向へ変化していくものであると施術者の立場で実感しております。



治療効果は治療回数に比例することが多いため、治療期間中にご家庭内で保護者様がお子様の日々の状況を施術時にお伝えいただけると、効果的な治療ができるものと考えております。



どうか、この治療法にご理解をいただき、ご父兄の皆様と一緒に大切なお子様の笑顔を守っていきたい。と思います。

 



仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/






【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

夜泣きの赤ちゃんは時間差攻撃(効果)です

2024年1月30日 (火) 00:34

タイトルだけ見ますと意味不明ですので、ご説明いたします。

当院で小児の治療をする際にこれだけは守って頂きたい内容を挙げますと、

1.お風呂の時間を早めましょう。

2.お食事(夕飯)の時間を一定にしましょう。

3.就寝前2時間はテレビなどの明るい画面は消しましょう。

4.就寝前はお部屋の照明は徐々に落としましょう。

5.お布団の中での温度環境に気を配りましょう。(靴下を履かせない、お布団をかけすぎないなど大人基準にならないようにしましょう)


しかしながら、その日の晩にお子様が夜泣きもせず、ぐっすりと寝る確率は非常に低いです。
順応するのに早くて2~3週間を要します。

いままでの生活習慣をすぐに変えることは非常に難しいですね。
大人でもすぐ変えることは至難の業。生まれて数か月の赤ちゃんにもできません。

1~5に加えて当院での治療を加えると、格段に変わります。
睡眠不足のお母様、ご連絡ください。
小児はり・小児鍼

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

子供とアウトメディア?

2024年1月23日 (火) 00:34

近年、子どもたちの成長に電子メディアが多大な影響を与えていることが深刻化しており、そのかかわり方が問題となっています。

テレビなどの電子メディアは有効に活用すれば便利な情報源ですが、長時間にわたるメディアとの接触や幼少期からの”メディア付け”生活習慣の乱れや心身の発達に影響を与えることが懸念されています。

アウトメディアでつくられた時間を外遊びやお手伝い、家族との触れ合いの時間にご活用ください。
小児鍼・小児はり

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/


【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら


【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

昼夜が逆転している赤ちゃん・・なぜ?

2024年1月16日 (火) 00:12

新生児や幼児の睡眠パターンが昼夜逆転してしまうことは比較的一般的です。

これは、赤ちゃんがまだ自分の体内時計を確立していないため、昼夜の区別がついていないことが原因です。以下に、昼夜逆転が起こる可能性がある要因と対処法をいくつか挙げてみましょう。


赤ちゃんの昼夜逆転の原因


胎内のリズムの影響:
赤ちゃんは胎内でも光がない状態で過ごすため、外部の昼夜のサイクルにまだ適応していない可能性があります。


食事と睡眠の関連:
赤ちゃんが夜によく寝てしまい、昼間は寝ずにいると、昼夜逆転が起こることがあります。


規則正しいリズムの欠如:
赤ちゃんにはまだ規則正しい日課がないため、昼夜の区別が難しいことがあります。



対処法


日中の活動促進:
昼間は明るい環境で過ごし、活発な活動を取り入れて赤ちゃんを刺激します。これが昼夜のリズムを整えるのに役立ちます。


夜間の静かな環境:
夜は静かで暗い環境を提供し、寝る前にリラックスできる環境を作ります。明るい光を控えめにし、寝室を静かに保つことが大切です。


規則正しいスケジュールの導入:
定期的な食事や寝る時間を作り、赤ちゃんに昼夜のパターンを理解させることが重要です。


昼夜のリズムを意識して過ごす:
昼は明るく活動的な時間を、夜は静かで穏やかな時間を意識して過ごすことが役立ちます。


昼と夜が逆転している赤ちゃんは胃が張りやすい現象にあります

特に便秘がちのお子さんは胃が張りやすいのですが、このようなお子さんに治療すると、胃の空気が排出されて昼と夜の逆転が解消されます。


これらの方法が即座に効果を発揮することもありますが、そうでない場合もあります。赤ちゃんの体内時計の確立には個人差がありますので、焦らずに少しずつ試してみることが大切です。


当院では上記の症状を早く解消できる施術を小児を対象に行っています。

お問合せください。





仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/



【江東区門前仲町の鍼灸院 小児鍼(小児はり)】仲町鍼灸接骨院 facebook
   →   こちら



【小児鍼(はり)施術詳細・料金】
   →   こちら

カテゴリー: 小児の治療

運動していますか?

2024年1月9日 (火) 00:17

運動は健康を維持し、心身の調子を良くするために重要な活動です。


運動にはさまざまな形式があり、定期的な運動は体力向上や心臓血管系の健康、ストレス軽減などに寄与します。運動は個々の健康状態や目標に応じて調整されるべきです。


健康日本21」というものがあります。


健康増進法に基づき策定された「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針(平成15年厚生労働省告示第195号)」は、国民の健康の増進の推進に関する基本的な方向や国民の健康の増進の目標に関する事項等を定めたものです。
 
近年の調査結果から10年前に比べると10分運動時間が減っているとのことです。
 
歩数にすると1000歩
 
カロリー換算するとわずかな40キロカロリーの熱量は、1年間続けると脂肪1.5kg減になり10年続けると15kg減量できます。
皆さんは定期的に運動されてますか?


east_gymeast_pool

仲町鍼灸接骨院
東京都江東区富岡1-24-5
さのやビル101
電話03-5245-1311
HP:https://www.nakachoshinkyu.com/

カテゴリー: 健康

予約はこちらから

仲町鍼灸接骨院

【住所】 東京都江東区富岡1-24-5さのやビル1階
【アクセス】 東西線 門前仲町駅より徒歩3分 JR京葉線 越中島駅より徒歩9分
【診療時間】 ≪予約優先≫【平日】午前9時~11時/午後2時~7時30分(施術受付午後7:00迄) 【土曜】≪予約優先≫9時~15時(昼休みなし)
【休診日】 日曜日・祝祭日

03-5245-1311

ブログカレンダ−

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

  • web予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • 不妊治療サイト

  • みんなの手

  • プレミアム特集

web予約

初めての方へ

治療院案内

不妊治療サイト



プレミアム特集

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop